2008年11月 3日 (月)

おもしろ名前特集

名字歳時記 著者:高信幸男 出版社:日本加除出版

定価 1,890円 (税込) 苗字研究家・日本家系図学会理事 高信 幸男/著

発刊年月:平成19年7月  

山梨テレビ 2008年3月29日放送 名字研究家・高信幸男さんがゲスト出演

………………………………………………………

★ のブログ・アクセスカウンタ  11/3 昨日:1,081 累計:1,254,517

★ 2008年10月25日《「ビジネスに応用!落語入門講座」》    露の団四郎ブログ 

☆ モーニング寄席 11月9日(日) 天満天神繁昌亭   

露の団四郎 露の団姫 桂 一蝶 笑福亭鶴志 桂 福車         

前売1,500円 当日2,000円 開演:午前10時00分  チケット

……………………………………………………… 

2007年6月 8日 (金)

インド数学の世界に遊ぶ

 脳をきたえる インド数学ドリル 入門編 (大型本)


  日東書院本社 (2007-04-01出版) 高橋清一【著】デシュパンデ,ニヤンタ【監修】  



目次


第1章 インド数学ドリルの実践  

75×75は、いくつ 四角形におきかえる 

たすき掛け算のマジック 

マスを埋めてパズルのように解く 

繰り上がり分かち書き法


第2章

インド数学の話、あれこれ  

インドの九九、世界の九九 

数にまつわる話、あれこれ 計算に強くなる本 

グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール訪問記

 ニヤンタ・デシュパンデ(同校 代表) さんにインタビュー


………………………………………………………

  ★ 75×75=5625を計算する方法


     1の位 5×5=25 10の位7×(7+1)=56

   答えは、5626 

     但し、下記の条件を満たす時に使える方法 です。  


 ①1の位の数が足すと10

②10の位の数が同じ 


………………………………………………………


★ のブログ・アクセスカウンタ  6/7: 1,526 累計: 716,500


★ あきんど落語商店 露の団四郎ブログ  


☆  2007年06月07日  《ときわ寄席》


…………………………………………………………


2007年5月 1日 (火)

新幹線ガール 私の職場は時速270km

「新幹線 車内販売の達人」に学ぶ・・3/12 ブログ掲載


[目次]  第1章 東京~新大阪のお仕事 

第2章 「パーサーになる!」 

第3章 驚きの“パーサー心得 

第4章 ワゴンの裏側で 

第5章 大好き!新幹線 

第6章 フリーターから 

第7章 売上げナンバーワン


徳渕真利子著 2007年03月02日発売 税込価格 1,000円  


★ 日本外国語専門学校  カリスマ新幹線パーサーの出身校

 

朝日com [掲載]2007年04月22日 [評者]勝見明(ジャーナリスト) 


 東京に勤務する東海道新幹線の300人近いパーサー(販売員)のなかでトップの成績を上げた23歳の特渕真理子さんは、2005年度下半期に平均の3倍という飛び抜けた販売力を発揮しました。新幹線は、乗降駅や曜日、時間帯によって異なる乗客の客層が異なります。そこで、団体や家族客が多いと土産物、また、ビジネス様だとアルコール飲料を切らさない努力を欠かしません。こういった「乗客への目配り」をすることが、成功要因となっています。(「匠ファイル」日経流通新聞)  


★ 朝日新聞「天声人語」掲載記事


………………………………………………………


★ のブログ・アクセスカウンタ 4/30 昨日: 1,171 累計: 666,873


★ 露の団四郎師匠    ☆2007年04月30日 《春団治まつり》  

  新しいブログサイトのご案内 → 露の団四郎ブログ               

     あきんど落語商店  自称「落語会のヨン様」。ブログ のアクセス数は落語家界でもトップクラス。

 

◇ 天満天神繁昌亭  6月10日(日)10:00~

…………………………………………………………

2007年1月29日 (月)

一粒で二度美味しい、そんな本

「ブラッカムの爆撃機」の書評(bk1スタッフレビュー)


平和好きの戦争モノ好き『ブラッカムの爆撃機』



★『おすすめの一冊』~NHK衛星放送より  


☆様々なジャンルのゲスト3人が自分の選んだ本を推薦  


書 名   ブラッカムの爆撃機 チャス・マッギルの幽霊 ぼくを作ったもの 

著 者   ロバート・ウェストール作 宮崎駿編 金原瑞人訳 

出版社    岩波書店 

書評する人  あさのあつこ (作家)

☆2007年01月28日放送 (再放送:2007年01月29日)


☆気ままにブックレビュー   

あさのあつこ (作家)さん


…………………………………………………………


のブログ・アクセスカウンタ 1/28

昨日:1,940 累計:522,574 ホームページ


《乙女文楽》01月28日

露の団四郎師匠



 




上の画像をクリックすると拡大されます。

…………………………………………………………

2006年4月 1日 (土)

「もしも義経にケータイがあったなら」

新潮新書から出ています。書名を見て、衝動買いをしてしまいました。「義経はなぜ失脚したのか。上司・頼朝の承認も得ずに独断即決で行動した義経が、もしも携帯電話を持ち、「ホウレンソウ」を実行していたら。」といった内容なのですが、エピソードを交えた経営・人事理論として読むと面白いです。書評でも色々な評価がありますが、参考になると思います。清盛が成功した要因が、「各個分断戦略」にあるなど、改めて「平家」の戦略を見直しました。すぐ読めるので、お勧めの本です。

……………………………………………………………………………………………… 「もしも義経にケータイがあったなら」 鈴木 輝一郎著 714円 新潮新書 メールマガジン ……………………………………………………………………………………………… 英雄・義経はどうして転落したのか―。 《新潮社 メールマガジン》 《夕刊 フジ ブログ》 ──────────────────────────────────── [124]『もしも義経にケータイがあったなら』鈴木輝一郎                          ■ISBN:4-10-610124-6 ……………………………………………………………………………………………… 英雄・義経はどうして転落したのか――。義経は、鎌倉から動かない総大将・頼朝の承認も得ず、独断即決で行動することが多かった。組織において、上司への詳細な報告、迅速な連絡、緻密な相談は不可欠である。それは時代を問わない。もしも、義経に携帯電話があったなら、もしも、義経が社内根回しの大切さを知っていたら、もしも、始末書の書き方を知っていたら……。現代の経営・人事理論で読み解く義経失脚の謎。 ……………………………………………………………………………………………… 第1章 旧体制平清盛―強大さの構築と維持の秘訣 平清盛の分断戦略・独占戦略・そして自己改革なぜ頼朝、義経らは殺されなかったのか―巨大独占企業の自主的自衛策

第2章 同族企業源氏一門の成長・頼朝の戦略・義経の戦術 もしも以仁王にファックスがあったなら―源氏蜂起から京都占拠まで頼朝のマネジメント―敵を知ることと自分を知ること

第3章 義経の失脚―同族企業から大企業への転換期を知れ 『ホウレンソウ』は組織人の基本―義経最初の失脚勢いあまって詰めまであまい―屋島合戦の強引

第4章 勝者頼朝の安定戦略・敗者義経の敗北の美学 勝利者頼朝の恐怖と孤独敗北者義経の人気―敗者の美学 ……………………………………………………………………………………………… 昨日のアクセスカウンタ:  825 by「のブログ

訪問者数 219 ページビュー 418 Lovelogビジネスブログ ランキング

《酒好会》4/9(日)お花見のご案内です。 ………………………………………………………………………………………………

最近のトラックバック

最近のコメント

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ